ページトップ|山梨県医療社会事業協会|メニューを飛ばして本文へ。

遠い山の写真

以下より本文。

山梨県医療社会事業協会のご紹介

山梨県医療社会事業協会は、病院・介護保険施設・福祉施設・行政機関・教育機関などに所属する医療ソーシャルワーカー等の専門団体です。
 協会の設立は、昭和44年2月。当時は、県内で専任のソーシャルワーカーがわずか8名しかおりませんでした。そこでソーシャルワーカーの業務を理解してもらえるよう啓発活動を行ない、医療現場における患者・家族の生活課題の解決を支援する「医療社会事業」の普及・発展を目的とした協会の設立をみることとなりました。
 設立時は県の協力のもと幅広く会員を募ったこともあり、医師・保健師・臨床心理士・福祉関係者・病院事務職など様々な職種の方々が会員となって協会を構成していました。協会設立後も県や病院にソーシャルワーカーの配置を働きかけたり、会員の資質の向上を図るための研修事業などを続けてきました。こうした地道な活動が実を結び、徐々に医療機関等に専任のソーシャルワーカーが配置されるようになって現在に至ります。
  このような協会の歴史を継承しつつ、(※現在は169名の会員です。)保健・医療・福祉を取り巻く社会情勢の変化に対応する形で各種事業を展開しています。
 ※平成28年4月1日現在

ページの先頭へ。

事業内容

次のような活動を行なっています。
 ・医療社会事業の普及・啓発に関する活動
 ・会員の知識・技術の向上を図るための研修活動
 ・当事者である患者・家族・地域住民の福祉の向上を目指す活動
 ・関係機関、関係団体、他職種とのネットワークづくり
 ・各種調査、研究活動

ページの先頭へ。

医療ソーシャルワーカーってどんな人?

医療機関などで患者さんやその家族の社会生活上の問題について相談に応じ、解決が図れるように援助する社会福祉の専門職です。病気や障害を負うことは様々な生活上の問題(経済的問題、人間関係や心理的な問題、療養や介護、社会復帰・社会参加に関すること等)が伴います。医療ソーシャルワーカーはこれらの生活問題について一緒に考え、社会保障制度の活用をしたり、関係機関との連絡調整や地域への働きかけなどを行なうことで問題解決を目指します。

ページの先頭へ。

ご挨拶

 山梨県医療社会事業協会のホームページをご覧いただきありがとうございます。
当協会は昭和44年(1969年)に多くの関係者の支援を受け設立し、令和元年に50周年を迎えることが出来ました。変わらなければならないこと、そして変わってはいけないこと、設立時のソーシャルワーカーの想いを引き継ぎつつ、新しい時代の協会のあり方が問われていると思います。そして、その50年の節目にこの度、会長を務めさせていただくことになりました。
 さて、医療ソーシャルワーカーの仕事は、医療機関などで、社会福祉の立場から患者さんやその家族の方々の抱える経済的・心理的・社会的問題の解決、調整を援助し、社会復帰の促進を図る業務を行います。少子・高齢化、貧困など、医療ソーシャルワーカーへのニーズも多様化しています。患者さんやその家族の方々が、より良い支援を受け、住み慣れた地域で生活ができるよう、今後も会員とともに、会の活動を充実させ、これらの課題に取り組んでいきます。
どうぞ、これからもご協力をよろしくお願いいたします。


山梨県医療社会事業協会 会長 太田 聡子

ページの先頭へ。