ページトップ|山梨県医療社会事業協会|メニューを飛ばして本文へ。

遠い山の写真

以下より本文。

ご挨拶

 新しい年を迎え早2か月、立春も過ぎ暦の上では春ということになっておりますが、まだまだ冬の寒さを実感する日も少なくありません。
 2月には観測史上初めてともいうべき1メートルを超える大雪に甲府盆地全域が見舞われ、交通の麻痺による物流の停滞や積雪の重みに耐えきれずビニールハウスやカーポートの倒壊といった被害の報告も多々耳にすることとなりました。正に「雪害」ともいうべき惨状に被害に遭われた方々には心よりお見舞いを申し上げるところです。
 災害といえば東北の「あの日」からもうすぐ3年となります。少しずつ復旧・復興の道を歩んでいるとはいえ、まだまだ大変なご苦労を強いられている方々も少なからずおられることを考えますと、普段の生活を数日の内に取り戻せている我々はまだいい方だと思うしかないのかもしれません。
今回の大雪に見舞われた当事者の一人として自然の猛威に対して為す術の無さを感じ、人間社会の脆弱さを少なからず感じながらも、それでも阪神淡路大震災から被災地が立ち直ってきたように人々の「力」の存在もまた否定できるものではないのでしょう。
 さて、会員の皆様は既にご承知のように今年の11月から重度心身障害者医療費助成制度について、現行の医療費窓口無料から従前の償還払い方式への変更を山梨県として進めております。しかしながら現行の形があるからこそ患者さん方も安心して医療が受けられるということに他ならず、一旦自己負担分を支払い、後で還付されるといっても疾患・治療内容によっては大変高額になる場合もあり、一時的とはいえ自己負担金の工面が大変な患者さんも多数いらっしゃるのでないかと思います。県では自己負担金の「事前貸付」という形での対応を考えておられるようですが「事前貸付」そのものにもいろいろな問題が予測されます。そういう意味でも今年は患者さんや私たちにとっても大きな動きのある年となりそうです。
患者さんや利用者さん方が「安心」して医療が受けられ、「安心」して日々の生活が送れるということ、そのために私たちソーシャルワーカーが何を為すべきか、我々の果たすべき役割というものについて常日頃思うところです。
これからも会員の皆様一人一人のお力添えをいただきながら、患者さん・利用者さんの側に立った関わりが出来ればと考えます。協会活動への引き続きのご協力をお願い申し上げ挨拶とさせていただきます。

平成26年3月
山梨県医療社会事業協会 会長 雨宮良一

ページの先頭へ。

MSW新人紹介

石和温泉病院 堀田 純映

 はじめまして。4月より石和温泉病院医療相談室に配属となりました堀田と申します。
まだ新しい環境へ馴染むことに必死な毎日を送っておりますが、先輩方から多くの教えを受けて日々学びを深めております。今後は病院内外との連携を図りながら、患者様やご家族の方々とともに回復の道を歩んでいけるようなワーカーになりたいと考えております。未熟で至らない点も多々あることと思いますが、一生懸命頑張りますのでご指導の程よろしくお願い致します。

一宮温泉病院 武井 麻美

 はじめまして、一宮温泉病院の医療連携室で働いております武井麻美と申します。
1年前に当院に入職し、回復期リハビリテーション病棟でケアワーカーの仕事をしてきましたが、この度、医療連携室で相談員をさせて頂くこととなりました。新しい職種で日々悪戦苦闘していますが、リハビリテーション専門病棟での経験や学んだことを生かし、相談員として少しでもお役に立つことができれば幸いです。患者様やご家族の思いを大切にし、日々精進して参りたいと思います。今後ともご指導の程宜しくお願い致します。

峡南医療センター 市川三郷病院 保坂 英臣

 4月から、峡南医療センター市川三郷病院相談・連携室で働くことになりました、保坂英臣と申します。
精神科で約10年PSWとして働いておりましたが、30半ばを過ぎて何を思ったか・・・「MSWとして働きたい!!」と一念発起、この度転職させていただきました。一般科での相談業務は十数年前の実習以来、色々勉強し直さなければと日々奮闘中です(汗)。まだまだ勉強不足のアラフォー新人ですが、精神科での経験も活かしつつ頑張りたいと思っています。ご指導の程、よろしくお願い致します。

峡南医療センター 富士川病院 柳本 亜弥

 4月より峡南医療センター富士川病院に配属になりました、柳本亜弥と申します。
これまでは県外の地域包括支援センターに勤務しておりました。医療の現場は未経験で、また、山梨の地域性や社会資源などについても分からないことばかりのため、ご迷惑をおかけするかと思います。加えて、今年度から市川三郷病院と経営統合し、富士川病院の医療相談室としては新設となります。まだまだ体制も整っていない状況ですが、少しでも早く患者様に信頼してもらえるMSWとなれるように努力していきたいと思います。

健康科学大学 福祉心理学科 池谷 進

 山梨県に医療ソーシャルワーカーが30~40名の頃(1985年)に山梨県医療社会事業協会に入会いたしました。古い県立中央病院で行われていた研修会などに参加していました。2001年まで専ら研修担当理事として働いていたと記憶しています。精神保健福祉士の国家資格化とともに県内での職能団体立ち上げに邁進するため一旦、医療社会事業協会を退会いたしました。県精神保健福祉士協会会長職を10年間担い、約30年勤めた職場を退職し、この4月から健康科学大学福祉心理学科に着任しています。県内のソーシャルワーカー育成に少しでもお役にたてればと思っています。

甲州リハビリテーション病院 加藤 幸人

 4月より甲州リハビリテーション病院 医療福祉相談室に配属となりました、加藤幸人と申します。
4月までは介護老人保健施設の支援相談員として働いていました。介護保険と医療保険では制度が違い日々勉強の毎日です。介護保険施設で学んだ事を医療の現場でも活かしていきたいと思っています。わからない事も多くご迷惑をお掛けすると思いますが、日々成長できるよう努力していきたいと思っています。ご指導のほど宜しくお願いします。

甲府城南病院 戸澤 佳菜美

 はじめまして。4月より甲府城南病院の医療相談室で医療ソーシャルワーカーとして勤務しております戸澤佳菜美と申します。
毎日の業務の中で戸惑うこともありますが、気付きを大切にし視野を広げ、患者様やご家族の思いも大切にしていきたいと思っています。一歩ずつしっかりと成長していき、1日でも早く先輩方のようなソーシャルワーカーになることを目指します。至らぬ点も多くあり、御迷惑をおかけするかと思いますが、御指導のほどよろしくお願い致します。

笛吹中央病院 傘木 希音

 今年の1月より笛吹中央病院で勤務をしております、傘木と申します。
昨年末まで埼玉県の上尾中央総合病院にて勤務しておりました。家庭の事情により転勤し、山梨の地で勤務することとなりました。慣れない土地での勤務ということもあり、右往左往の日々を送っております。年配の方々の甲州弁に戸惑うことも多々ありますが、毎日様々なことを学びながら有意義に過ごしています。研修などを通し、地域の一員となれるよう努力していく所存であります。皆さまよろしくお願いいたします。

北杜市立塩川病院 樋川 由加理

 昨年5月より、北杜市立塩川病院・地域医療連携室に勤務しております樋川と申します。
社会人2年目に入りましたが、まだまだ知識や経験が足りず日々多くのことを学ぶ毎日です。地域医療連携室は患者さんやご家族だけでなく、地域住民の方など本当にたくさんの人に出会える場所です。これからもっと地域の方や医療・福祉関係者の皆様に地域医療連携室を知って頂けるように活動していきたいと思いますので、ご指導のほど宜しくお願い致します。

山梨県立中央病院 齊藤 春菜

 昨年の9月より県立中央病院の地域連携センターにMSWとして勤務しております。以前は介護施設の生活相談員でしたが、SWとしての経験を積みたいと思い現在の職場でお世話になっています。急性期の医療現場で戸惑いや力不足を感じることも多いですが、患者様やご家族様のニーズを把握し、問題解決へのきっかけ作りができるようなMSWになりたいと思っています。多くの方に支えていただき一日一日がとても貴重な勉強の日々です。まだまだ未熟でご迷惑おかけするかと思いますが、ご指導ご鞭撻の程よろしくお願い申し上げます。

山梨県立中央病院 中山 裕貴

 4月から山梨県立中央病院の地域連携センターで、NICU入院児退院支援コーディネーターとして働いている中山裕貴と申します。
医療ソーシャルワーカーとして働くのは初めてで、しかも担当させていただくのが高度医療を必要としている乳児とその家族ということもあり、初めてのことばかりで勉強の毎日です。入院している子どもやその家族にとって、最も大切なことは何かを常に考えながら退院支援をしていきたいと思っています。至らない点が多々あるかとは思いますが、ご指導の程よろしくお願い致します。

山梨厚生病院 初鹿 あかね

 4月より山梨厚生病院総合相談センターに勤務しております初鹿と申します。
たくさんの方々に支えられて、今こうして相談センターの一員としてのスタートをきることができました。これからは、私が患者様やご家族の支えとなり、様々な関係機関との橋渡し的存在になれればと思っております。感謝の気持ちを忘れず、一人ひとりとの出会いを大切にしながら日々成長していきたいと思います。ご指導の程、よろしくお願いいたします。

山梨大学医学部附属病院 内田 雄

 4月より山梨大学医学部附属病院・医療福祉支援センターでソーシャルワーカーとして勤務させていただいている内田雄です。
3月まではデイサービスセンターで生活相談員として勤務していました。新しくスタートした医療の現場で悪戦苦闘の毎日ですが、先輩方から多くのことを学び、MSWとして患者様やご家族様の支援ができるようになっていきたいと思っています。ご迷惑をお掛けすることがあるかと思いますが、ご指導の程をよろしくお願い致します。

湯村温泉病院 小林 一貴

 4月より湯村温泉病院の地域連携室に配属されました小林一貴と申します。
新卒として入り初めて聞く言葉や用語が数多くあり分からないことばかりです。それらを理解できるように日々勉強をして行きたいです。また、1日でも早く業務に慣れ仕事ができるようになりたいと思っております。患者様、ご家族様から信頼していていただける医療ソーシャルワーカーになるために精一杯頑張りたいと思いますので、ご指導の程宜しくお願い致します。

湯村温泉病院 中込 雄太

 今年度から、湯村温泉病院の地域連携室に配属された中込雄太と申します。
新卒ですので、未熟な点が多くありますが、先輩方に支えられながら、日々、インテークなどの面談に同席したり、支援の流れを見ながら学んだりしております。毎日が新しいことの連続であり、その都度勉強し、過ごしております。まだまだ、医療ソーシャルワーカーとしても、社会人としても至らぬことが多いですが、少しでも早く仕事を覚え、スキルアップしていくように頑張りますので宜しくお願いします。

ページの先頭へ。